【稼げる!?】赤澤天道のGoodニュース&サクッとプラスは詐欺?口コミ・評判は?その実態を調査!

【稼げる!?】赤澤天道のGoodニュース&サクッとプラスは詐欺?口コミ・評判は?その実態を調査!

カナダで仮想通貨が主流産業となりつつある

time 2022/01/21

2022年現在、カナダではビットコイン系列の会社が持つ仮想通貨産業が主流産業となりつつあります。これは多数ある仮想通貨取引所から、ビットコインETFという事業を行っていることを意味します。

このビットコインETFですが、上場企業をナダではビットコイン系列の会社が持つ仮想通貨産業が主流産業となりつつあります。
これは多数ある仮想通貨取引所から、ビットコインETFという事業を行っていることを意味します。このビットコインETFですが、投資信託となっておりビットコインに投資をすることでさらなる資産を運用することが出来るというサービスです。

このような産業は仮想通貨を通じて生まれることはなく、その理由は投資信託の場合、日本では円のように信頼できる通貨を積み立ててさらなる資産を運用する場合望ましいやり方ですが、ビットコインという安定的ではない通貨においてはあまり投資信託としては危険な分子があるのではないかと言われているのです。

しかしながら、危険分子を除けば、高まりつつある仮想通貨で投資信託を可能としているわけですのでさらなる収益化を見込めるうえ、資産の引き出しなども自由にできるのであれば第3者に運用を任せたうえで資産を増やすだけ増やし、その後資産を取り出すという考え方も可能です。

なお、カナダが最も早くにこのような仮想通貨での投資信託を可能としていますが、日本においてこの投資信託化したビットコインの取引システムを利用して新しくビジネス展開をするかどうかといわれると、日本の場合、金融庁が慎重な意見でビットコインを貨幣と同等の資産であるとみていないため、現状では難しいと言えます。

しかしこのカナダの取り組み自体は、実験的な意味合いを持っているうえ、成功した場合、第3者が同じようにビジネス参加することも考えられるため、現状では様子見状態ですが、今後の成功の仕方によってはスタンダードな仮想通貨取引の一つとなる可能性もあります。

そうなった場合、日本は投資信託の仕組みに仮想通貨を取り入れて資産を運用するということを行うかどうかの選択に迫られると思われます。なお、仮想通貨の投資においては、資産運用という意味合いが強いのか、マネーゲームの意味合いが強く、運用ではなく、椅子取りゲームで得をするか損をするかでしかないという意見もあり、日本の場合は、現状を見る限り新規参入者が少ない点及び仮想通貨イメージが悪いため投資信託での利用は現状では無理そうであると結論付けます。